2017年2月9日木曜日

大学をあるく⑤京都大学 電話拡張交換室


印象的な時計台と赤レンガで、
目立たないけどユニークな
レンガタイルの建物は、
もと「電話拡張交換室」。

保健診療所として使われている
1925年(大正14)竣工のデザイン性
あふれるベッピンさん。

張り出した庇。
設計は武田五一永瀬狂三
毎日新聞京都支局を連想させる
武田五一らしいテイストです。

三条通御幸町東南角にある
旧 大阪毎日新聞社京都支局ビル、
1928ビル」。

二度にわたる改修が施されてきたが、
当初のデザインの保持が見事です。

コンクリぶりが外階段が
しっかりと主張しています。

小さな連続アーチ窓とのバランス。


「京都大学 旧電話拡張交換室」
→京都大学・保険診療所
竣工年:1925年(大正14)
増築年:1931年、1936年
設計 :武田五一、永瀬狂三
構造 :鉄筋コンクリート造り2階建て