2013年3月31日日曜日

造幣局の桜をフラゲ!


今年の桜は実にいき急いでいるようですね。
造幣局の桜の通りぬけ
「4月16日(火曜日)から
 4月22日(月曜日)までの7日間」

なんだそうですが、
すでに咲き誇っているものもありました。

ふだんは平日しか開館していない造幣博物館が、
桜の時期に特別に土日に開館していたので、
行って来ました。

「通りぬけ」はできませんが、
門の所でチェックを受けて入るので、
場内の人影はまばらです。

入ってすぐにある枝垂れ桜はほぼ満開!

明治の頃からのこる鉄柵の周辺も
ほぼ咲き揃っていました。



そして「造幣博物館」へ。。。

この建物は1911年(明治44)に建てられた、
旧造幣局火力発電所」です。
入ると創立当時のジオラマが置かれていて、
当時はもっと敷地が広かったことを伝えていました。

創業時の功労者のレリーフたち。

刻印機とか...所狭しと展示されていました。

3階には貨幣コレクションとともに、
小判鋳造場」の模型がありました。



明治9年製の大時計は
今なお時を刻んでいました。
ふたたび桜たち...
ずらりと並べてみました。
















2013年3月30日土曜日

ひさびさの「泉布観」お披露目へ

外観の補修工事がされていた桜ノ宮にある
泉布観
(せんぷかん)に行って来ました。
造幣寮の応接所として建てられたもので、
「泉布」は貨幣「観」は館の意
1871年(明治4)の洋館は、
日本の洋風建築に大きな業績を残した
英国人技師・ウォートルスの設計です。



3年ぶりの一般公開でしたが、
館内の構造上の関係で入場制限がされていて、
行った日(3/29)はなんと2時間半以上待ち。
一度補修前に内部を見ていたことがあったので、
外観だけ楽しんできました。

白い漆喰塗りの壁で周囲にべランダを巡らせた
ヴェランダ・コロニアル」様式になっています。
そのヴェランダが特に重さが耐えられないとか...



内部の公開は3日間だけで
今後も年1回程度に限られるのだそうです。

こちらは「旧桜宮公会堂」。
結婚式のできるレストランとしての
オープンを4月15日に控えていました。

こちらは造幣寮の正面玄関を移築し、
その後1935年(昭和10)に
明治天皇記念館として建てられたものだそうです。

桜ノ宮周辺の桜は満喫してきましたよ!


いくたまさん(生國魂神社)

いくたまさん」で愛されるお社へ…

神武天皇が九州より難波津に上陸した際、
現在の大阪城付近 に生島大神 、
足島
(たるしま )大神を祀ったのが創祀の、
大阪最古にして日本総鎮守の神社

社殿は他に例をみない「生國魂造」という
建築様式で造られています。
流造の屋根の正面の屋上に千鳥破風、
唐破風さらにその上に千鳥破風と
三重に破風が乗せられています。

上方落語の祖である「米沢彦八」の碑があり、
毎年9月に「彦八まつり」が開催されるそうです。

彦八は元禄期に境内で「軽口噺」や
「仕方物真似」を演じていたそうです。
「仕方物真似」とは役者の身振りや声色を

真似る芝居のルーツとなるものだとか…
上方落語の原型を確立したのが彦八さん、
明治の中頃までは
落語家のことを「彦八」と呼んでいたそうです。

願いの絵馬の種類が豊富...

「生玉の杜」には
多くの末社が祀られているため。
城方向八幡宮(きたむきさん)

勝運・方除けの神。
大阪城守護神として城の方向(北)を向き、
お祀りされていたことから
城方向
(北向―きたむき)と称される。
家造祖神社
やづくりさんと親しまれる家づくりの神。

今でも建築業者から崇敬されているお社。
鞴神社
ふいごさんは商運・金物の神。
鉄鋼・金物の神、
かまどの神として信仰されています。
例祭の11月8日には、
刀匠による作刀の神事が執り行われる。


鴫野神社
(しぎのじんじゃ)

もとは
大阪ビジネスパークの辺りに
祀られていたそうで、
淀殿が篤く崇敬したそうです。

「心願成就」「縁結び」「悪縁切り」...
秘め事は神前にて祈念し絵馬には
数え年、干支、性別のみを認めるのだそうだ。

鳥居の横にあった「崖縁占」…
ちょっと今回は遠慮しておきました。

気をとりなおして「いくたまみくじ」を…
「中吉」なのに、なぜかホッと。

境内にはそこかしこに
水仙が花をつけていて、
まさに見頃でした。。。

桜もあちこちに...

まさに絶景のお花見スポットです!!