2012年6月2日土曜日

ハマの洋館めぐり 横浜赤レンガ倉庫

横浜の洋館めぐり・・・
山手西洋館まで紹介したのだが、
いわゆる「ハマの洋館」も精力的に回った。
何所からリスタートしようかなと思ったが、
これぞ「赤煉瓦」から再開しようかと...
1976年(昭和51)
くらいから荷物取引量が減って、
1989年には倉庫としての役割を終えていが、
1992年に横浜市の所有となって、
その後YOKOHA RED BRICK WAREHOUSE」は、
観光地の呼べるランドマーク的な存在となる。
90年余をハマの潮風にさらしてきた姿には、
逞しさを感じさせてドッシリとハマに根を張る。
この日はクルマのイベントをやってたが、
しっかりと引き立てながらも威風堂々と。
新港埠頭の上屋として、
港都横浜の繁栄を縁の下で支えた
二つの倉庫はレンガ造りの3階建て。
補強材には鉄筋が用いられており、
スプリンクラーや防火扉が設えられた
耐震耐火構造になっている。
倉庫ではあるがどこかロマネスク。
窓や壁面には円弧アーチが繰り返され。
妻側のてっぺんの避雷針もオシャレ。





建築年:1号館1913年(大正2)、
2号館1911年(明治44)
構造:煉瓦造り3階建て
設計:大蔵省臨時建築部(部長:妻木頼黄)
【横浜市認定歴史的建造物】
横浜の歴史的建造物ポストカード「横浜赤レンガ倉庫」











※建物名をクリックすると
グーグルマップ「虎次郎の横浜洋館まっぷ」が見れます。