2012年2月25日土曜日

京都の洋館をあるく「東華菜館」

京都の河原町界隈に行くことは、
ずいぶん少なくなった…
大学生の頃 コンパの待ち合わせには定番があって、
「四条河原町阪急前」か
京都朝日会館前」ってのが定番。

「阪急前」の方がどちらかというと、
オシャレなコンパの待ち合わせ???
そんな「阪急前」の集合のときに、
京阪電車の四条駅で地上にあがると
一番に目に入るのがこの「東華菜館」。
中華料理店なのにどこかスペイン風?
もともとは、
境界などのミッション建築を手掛けた
W.M.ヴォーリスの唯一のレストラン建築で、
西洋料理店のビヤレストラン「矢尾政という歴史を持つ。



ただヴォーリスは建築家である前に、
禁酒禁煙を信条とするクリスチャン。
ビヤ」は伏せての依頼だったのだとか。




裏手も見所多いけど…
お店なので写真は外観だけなんだよな。

ここには手動式の
蛇腹式のエレベーター」があるとか…
そしてエントランスに入ったところに、
蛸のレリーフとか...
ビアホールの頃に訪ねたい(・ω・)v

デイリーポータルZ」こんなレポがあった!
ますます中も見たくなった。


東華菜館
旧 矢尾政レストラン→
所在地:下京区 四条大橋西詰
建築年:1926年(大正15)
構造:鉄筋コンクリート5階建
設計:ウィリアム・メレル・ヴォーリズ
ヴォーリズ建築事務所
(国登録有形文化財)

「京都の洋館をあるく」シリーズ・・・
ラストの建物名をクリックすると
グーグルMAPにリンクされます!!