2012年2月14日火曜日

京都の洋館をあるく「旧 家邊徳時計店ビル」

三条通に面する洋風赤レンガの2階建ての建物。
実は木造建築で壁の部分に煉瓦を使っている。
1871年(明治4)に時計貴金属店を創業した
家邊徳之助(やべ・とくのすけ)氏が建てたもので、
現存する本格的商店建築の遺構としては
最も古い時代のものと伝わる。
1890年(明治23)に築造の際には、
煉瓦をはじめとして建材を
全てドイツから輸入したのだそうだ。
要所要所に鉄筋を加えるなどして
耐震性も高められているという。
正面アーケードの三連アーチ、
二階部分はバルコニーではないが、
ややセットバックした設えをみせている。


もともとは三階にプラス避雷針を備えた
四階の時計台が聳えていたのだそうだ。
建物前の「明治30年頃の家邊徳時計店ビル」によると、
「本店ビルのハイカラさとは打って変わった
 純和風の典型的な町家建物が展開し、
 中庭と奥庭も配されて一見の価値」があったとか。
解説板にはこんなことも・・・
四条通にも同じく時計台を持つ、
もうひとつの
「家邊徳時計店ビル」があったそうである。
→京都ダマシンカンパニー
所在地:中京区 三条通富小路東入ル
建築年:1890年(明治23)
構造:木骨煉瓦造2階建
( 国登録有形文化財)

「京都の洋館をあるく」シリーズ・・・
ラストの建物名をクリックすると
グーグルMAPにリンクされます!!