2010年4月27日火曜日

甲子園メモリアルボックス 弾痕が残る鉄扉

甲子園歴史館
メモリアムボックス探訪
最終回は甲子園の
生き証人と呼ばれる
「弾痕が残る鉄扉」です。

1945年5月10日
この日は阪神地域にも空襲があり、
球場の西側の窓を突き破って、
スタンド内部に焼夷弾が入って
火災が発生し損傷に
いたったそうです。
グランドにも多くの焼夷弾が
突き刺さっていたといいます。







あの「野球塔」に損傷をもたらしたのもの、
この日の空襲によるものであったと言われています。
甲子園歴史館にはこないだ紹介した
「野球塔」のミニチュアともに
呉港中の優勝レリーフが
飾られていました。
 過去のブログ → 甲 子園 を囲む野球史跡たち















歴史館に残る「弾痕が残る鉄扉」は、
甲子園を襲った二度目の空襲のときのもので、
時は1945年の8月6日

あの広島の原爆投下と同じ日に、
グラウンドには焼夷弾が
5000発も突き刺さったのだそうです。


焼夷弾の投下とともに行われたのが、
B29による「機銃掃射」
周辺住宅とともにこの攻撃にも見舞われます。
球場正面にあった役員・関係者出入り口鉄扉、
それがこの「弾痕が残る鉄扉」です。

時代の大きな転換期である敗戦をむかえ、
甲子園は米軍の接収施設となります。
接収は1945年10月から
1947年3月まで続きました。
進駐軍の軍属軍人用の
体育施設として利用されます。
3塁側のアルプススタンドにあった
「室内温水プール」も使われたそうです。

プールが作られたのは1932年のことですが、
戦時中には水中音波研究所として
軍艦や水中レーダーの研究が行われていたそうです。


時局によっては「甲子園」も、
その色に染められていく以外に
選択肢を許されなかった時代がありました。

「野球」が毎日できるこの時代。
これからも感謝のキモチを
忘れずにいたいと思います。