2007年1月31日水曜日

「シャ・ノワール」>「佐伯祐三とパリの夢」より

「佐伯祐三とパリの夢  大阪コレクションズ 」
  に出されていたポスターには、商業ポスターというものが、
                 多く出品されていました。


アレクサンドル・スタンラン 作
「黒猫(シャ・ノワール)」
       
(1896年)
リトグラフ 61.9cm×40.1cm







この 黒猫=「シャ・ノワール」は、
 フランスの作曲家である エリック・サティ がピアノを弾いていた、
 ルドルフ・サリ経営のモンマルトルのキャバレーのポスターです。
サティ は1860年代頃からフランスで流行した
 音楽カフェ「カフェ・コンセール」のために
 いくつかの声楽曲を書いていました。

アコード・ワゴンのCMソングにもなった
『あなたが欲しい』( Je te veux )はこのときに作られたものです。
サティは「シャ・ノワール」のピアニストとして生計を立てていたようで、
20世紀初めの時代を彷彿とさせる曲です。
←ピアノ中心のクラシックMIDIのHP
  『あなたが欲しい』が聞けるよ!!



フランス語で「シャ」は猫、「ノワール」のこと。
 ヨーロッパでは黒猫は幸福を呼ぶといわれています。
 日本とすこし評価が違うようです。。

ちなみに大阪の鶴見「シャ・ノワール」という
 ケーキ屋さんがあります。ここのキャラはもちろん黒猫です。
 シャ・ノワール 鶴見緑地店
 大阪府大阪市鶴見区浜5-6-26
 TEL:06−4257−1010 営業時間/10:00〜23:00

□ テオフィール・アレクサンドル・スタンラン
 Théophile Alexandre Steinlen (1859−1923)

□ エリック・アルフレッド・レスリ・サティ
 Erik Satie , Eric Alfred Leslie Satie (1866 - 1925)

2007年1月29日月曜日

雪の大阪

今年は本当に雪が降りません。
 週末 京都に行きましたが、
 この冬は市内でも積もったことがないそうです。

御所 の北側を通るのが「今出川通」ですが、
 だいたい「今出川」より北に行くと、ぐっと冷え込みます。
 京都 で少しでも冬を過ごした人は、感覚的に知っています。

伏見稲荷 で降っていなくても、
 同志社 の キャンパス は雪景色ってことがしばしば。















「 雪の大阪 」 (1928)


大阪歴史博物館 で昨年行われた特別展
「煉瓦のまち タイルのまち ~ 近代建築と都市の風景」に、
  池田 遙邨(いけだ・ようそん)(1895-1988)が描いた
    「 雪の大阪 」 が出品されていました。

昭和3年(1928)2月11日に降った 大阪の大雪を描いたもので、
「難波橋」、「天神橋」、「天満橋」、
     中央には「中之島公園」が見えます。

右画面の 外輪船 が浮かぶ後ろのビルが、
大正15年(1926)に建てられた
 「大林組 本社」です。


このビルは、
今は「辻学園 調理技術専門学校」
 として今にその姿をとどめています。







前日から降りしきる大雪は、
 22年ぶりの積雪やったそうです。

《橋に
 澪標 みおつくし の
     デザイン》




真ん中の大きな屋根が
 京阪 「 天満橋駅 」

奥に 「 大阪偕行社 」
現在の 追手門学院小学校




池田 遙邨 さんは、
 江 戸時代後期の
浮世絵師・歌川 広重 に影響を受けたと言われています。

出生当時の本籍地が 倉敷市 だったことなどから、
遙邨さんは、
自作498点を 倉敷市 に寄贈。
1983年に開館した
「倉敷市立美術館」にはコレクションが
      充実しているとのこと。。。

「倉敷市立美術館」には 遙邨 さんの
 東海道の写生旅行での力作『 東海道 五十三次図絵 』があります。
 広重 の影響を色濃く感ぜさせます。

虎次郎 は 京都 で1月に生まれました。
 その日、当時走っていた「市電」が大雪で動けなかったそうです。
 今から40年前にも、京都も雪化粧していたんだとさ。 


★ 池田 遙邨 の『 東海道 五十三次図絵 』について、
  こんな言葉を遙邨 さんは残しています。
 『私は昭和3年の春、三條(三条)大橋を発って
  旧東海道筋を日本橋まで全徒歩で画行し、
  続いて同5年また同じ旅に上った。
  生来旅行が好きである上に写生旅行を
  画室の延長であると心得ている私であるから、
  こうした長途の旅をしたことも再三ならずあるが、
  特に二度 も道を同じ東海道にとったのは、
  広重の代表作ともいうべき東海道五十三次図絵の
  影響であつた。即ち、つとに広重を敬慕し
  その版画芸術に魅了されていた私も 彼にならって
  同じ画業を試みてみたかったからである。
  それで、私はその旅から戻ると、再度の旅行で
  かなり豊富になった画嚢のスケッチを整理して、
  東海道五 十三次図絵の制作に筆硯を新にした。
  そして同6年37歳でその完成を見たが、その
  成果は彼広重が38歳で世に送った
  保栄堂版に較ぶべきもない
  稚拙なものであったことはいうまでもない。』 
                 池田 遙邨

ブログをリニューアルしました!!

ブロガーの機能充実??にチャレンジして、
 テンプレートをリニューアルしました。
 完全リニューアルとまで行きませんが。。。
もう少しきれいにしたいなあ。。。
 なんて思っています。(・ω・)v

2007年1月28日日曜日

「北野さん」のお牛さん

学問の神様

天神さんの総本家ともいえる
京都 北野白梅町 にある
「 北野天満宮 」
   に行ってきました!!





「北野さん」との名でも親しまれるお宮は、
国を鎮め守る神として平安時代の中頃に
 
菅原 道真 の御霊を祀ったのが始まりです。

豊臣 秀吉 の遺志でもあった本殿などの造営は、
 
慶長十二年(1607)に 豊臣 秀頼 によって
 成し遂げられた
絢爛豪華 な 桃山文化 の 逸品 です。

ここの社殿は少々複雑な造りをしていて、
 拝殿と本殿の間を石の間というところがつながっている
 「権現造 ごんげんづくりというカタチです。
 豊臣 秀吉 を祀っていた「 豊国廟 」
 徳川 家康 を祀る「 日光東照宮 」などは、この造りです









拝殿正面には、菅原 道真 を表わす「牛」
蟇股かえるまたと呼ばれる場所にも、
 さまざまな装飾彫刻が観られます。
 東照宮 陽明門日暮門 ひぐらしもん とも言われますが、
 「北野さん」の彫刻も見応えがあります。

蟇股 には、「獏」が2匹、「海馬」「龍」
     「虎」「麒麟」が彫られています。

「虎」

「竹」「雲」
 獰猛な姿は守護神か?

  
「海馬 かいば
体は馬のようで火炎を帯びる
角を持つが「髭」なし
波を走る姿が「海馬」のしるし


「獏 ばく
  唐松と雲をバックに

 体の丸い紋様は霊獣特有の紋様。



「麒麟」  
 おなじみキリンビールの
  麒麟です!!




「龍」
 ドラゴンズ。。
   さんです。




拝殿右側の 蟇股 には、
「鷽替え御守」 の姿もあります。
   梅 と言えば ウグイス めじろ ?とも言われますが、
           この鳥は だと思います。。











絵馬掛所
には、
 毎年 合格祈願の絵馬が
 掛けられていました。





虎次郎 も 中学校に入る前に祈願しました。
 お牛さん のご利益あって、みごと合格!!
 あれから30年近くたった
お牛さん
   少し小さくなっていました。。。


◎ 蟇股 かえるまた とは?
 2本の水平材の間にあり、建物の構造上意味のあるものだったのですが、
 本来の意味が薄れて、装飾の施される場所となっています。
 カエルの股のような形をしているので、「蟇股」と呼ばれています。

「鷽うそ替え」

1月25日
「ウソ替え」
の日でした。

木彫りの うそ
 取り替えることで、
 を取り替えて罪を
 つぐなうということ
   なんだそうです。





「ウソ」
がチャラになるなんて凄いことですが、
 昨日の凶をも嘘にして、
 当年の吉に取り替えるための神事なんだとか。


江戸時代はじめから始まったとも言われます。
今では
凶事「ウソ」にして幸運に替える
 開運と学問の神様
菅原 道真 へ信仰から、
 受験のお守りとして求める人も多いとか。

1月25日は 菅原 道真 が 太宰府 への
 左遷の命が下った日だそうで、
各地の天神さんはこの日を「 初天神 」と呼んでいます。

梅の小枝を 神饌 に添えてお供えすることから
 「 梅花祭 」ともいいます。

大阪の 天満宮 での「うそ替え神事」は、
 1月25日の午後1時から行われました。
天満宮さんの  由緒によると、
 「正直の神としての 天神信仰 から生まれ、
  平素の嘘を 菅公 の 愛鳥「うそ鳥」に託し誠に替え、
  罪 穢れを祓いやり福を招く神事である。」
                 だとか。。。

ウソという鳥は
たいへん愛らしい鳥のようで、
ふっくらとして、
おちょぼ口のような短いくちばし、
  雄の頬は 淡い紅色 です。





ウソの語源は、古語 の うそぶ で、
 この鳥の声が 口笛 に似ているからだそうです。

天満宮さんとのつながりは、
 「蜂の大群に襲われそうになった 道真
  
の群れが蜂を食べて救った」からだとか?
 「天満社 を建てるための材木を食い散らかしていた虫を
  
が大挙して退治した」とか???

「鷽」「學 = 学 の旧字」に似ているから、
  学問 の神様に縁の深い鳥だと天神さんでは
  永らく愛されてます。


藤原時平 ふじわらの ときひら「嘘」によって、
 大宰府 に流されたという逸話は、
 歌舞伎の「 菅原伝授手習鑑 」などでは、
ワルもん 時平 VS 正直もの 道真 みたいになっています。
   時平「ウソ」をついたのかは、今となってはナゾです。

「 菅原伝授手習鑑 」 の主人公 菅丞相 かん しょうぞう
 すなわちを菅原 道真である。
 クリックすると『文化デジタルライブラリー』
            のHPに行けるよ!!









道真 「嘘」が早く晴れるようにと
    願いながら死んでいったともいいます。


 虎次郎 の今年のウソは、
  愛らしく
のようにと。。(・ω・)v

2007年1月26日金曜日

長沢 盧雪 「虎図」

長沢 盧雪 「 虎図 」
  ながさわ ろせつ - とらず










南紀の町 「無量寺 むりょう じ というお寺に
日本で最も大きな の絵と言われる 襖絵 があります。

ちなみに 禅寺である 錦江山 きんこうざん 無量寺 は、
 中興の祖と呼ばれる 愚海 和尚 ぐかい おしょう により、
 江戸時代の中頃( 天明6年 = 1786年 ) に再建されたお寺です。

盧雪 を始め、与謝蕪村 よさ ぶぞん 伊藤 若沖 いとう じゃくちゅう などの
 天才たちが同時代に生きていた京の町で、
 君臨していたのは あの 円山 應擧 まるやま おうきょ でした。

この 「 虎図 」應擧 と親交あった 愚海 和尚 へ
 盧雪無量寺 までとどけの使いを出された時に、
 筆を揮 ふる ったものだそうです。

今まさに獲物に飛び掛ろうと力を蓄えています。
 でも、シッポや鋭い爪とは対照的に顔つきは猫そのもの。
 とても愛らしい姿を見せています。
伊藤 若沖 猛虎図もそうですが、
 実物を見ずに描いたからなのか?  はやっぱりネコなのか?

←くわしくは、
「若沖と江戸絵画」をたずねて1>猛虎図
    のブロクにて


盧雪 にはこんなエピソードがあります。
應擧 の弟子であった
盧雪 はめきめき腕をあげた頃、
持ち前のいたずら好き乗じて、
師匠 應擧 の描いた手本の絵に
直しを乞いたことがあったようです。

その後このことがばれて、
盧雪 は破門されるにいたります。







でも、奈良県立美術館の 「 応挙 と 芦雪 」展のポスターは
 師匠の 孔雀 の絵より 大きく 「虎図」 が踊っています。

ネコ虎の話に戻ります。
「虎図」 の裏側、
本堂への入口側の襖には、
「 薔薇図 」
と呼ばれる
  襖絵が描かれてるそうです。




その「 薔薇図 」の中に、
川の岸辺でのんびりと憩う2匹の 親猫 と、
水辺で魚を狙う 子猫 がいます。






実際に生きた虎を見たことはなかったとのことなので、
 「 薔薇図 」にある ネコ たちが トラ に変身したのかも・・

一説によると、盧雪 は片目が見えなかったそうです。
 虎次郎 も実は両目の視力が微妙に違うんですが、
 独眼だとさらに遠近の感覚に差が出るようです。

落款にもの魚の文字を刻み、
生涯使い続け盧雪 は、
魚眼でいいモノを描いたのかも??
彼のエピソードから そんな風に感じました。





応挙芦雪館 紹介のHPへ
  和歌山県串本町串本833
  ● 開館時間 9:30〜16:30 (入館は16:00まで)
  ● Tel:0735 - 62 - 6670
  ● アクセス きのくに線 「串本駅」 から徒歩10分

2007年1月23日火曜日

ポスター「北方急行」 >「佐伯祐三とパリの夢」より

「佐伯祐三とパリの夢  大阪コレクションズ 」の主役は、

大阪市が持つ 19世紀以降の
 近代美術・現代美術 のコレクションの
 中心的存在である大阪ゆかりの作家
佐伯 祐三 さん と、
      影響を受けたパリ画壇の作品たちでした!!


佐伯 祐三 さん の 作品を一括して寄贈されたことをきっかけに、
 大阪市制100年を記念して  大阪市立 近代美術館 建設計画が発表!!
 以後コレクションの形成が進んできたという。
 モディリアーニ の作品が16億円で落札!! てなんてことに、
      話題が集中したようである。

ところで。。。 その美術展で異彩を放っていたのが、
  アドルフ・ムーロン・カッサンドル さん
     ポスター 「 北方急行 」という 1927年の作品

リトグラフ とよばれる

「水と油の反発を利用して
(または他の方法で)
平らな版で刷る版画」
 
 平版印刷の手法で、
刷られたポスター!!

  






ダイナミックな 機関車の力強さとスピード感は、
 線路と同じ位置に視線があるように
 描かれているからなのかも知れません。。



このような描き方は、カッサンドル さん の 鉄道関係 のお家芸だったようです。
 ポスター作家の彼は、次のような言葉を残されています。
   「ポスターは,大衆のためにつくられる絵画作品である。
     したがって,イーゼルの上で制作される絵画作品
     (限定された鑑賞者しかもたず,またそうでしかありえない)の
     特徴である叙情性を、必然的に、取り去ったものでなければならない」                         A. M. Cassandre

☆ カッサンドル さん の鉄道ポスター
















左:「 Fix Masseau
Exactitude 」1982年   

中:「 Fix Masseau Orient Express Victoria Station 」1982年

「 LMS 」 1985年


※ アドルフ・ムーロン・カッサンドルとは?
 〔 Adolphe Mouron Cassandre 〕
 ポスター作家,グラフィックデザイナー
 本名:アドルフ・ジャン=マリー・ムーロン
 1901年、1月24日 ウクライナ・ハリコフ生まれる(国籍:フランス)
           パリで美術を学ぶ。
 1925年      パリの国際装飾美術博覧会でグランプリを受賞。
          共同で アリアンス・グラフィック社 を設立、
          ポスター制作を広告デザインとして確立。
 1950年      パリで過去25年間のポスターを主とした回顧展を開催。
 1968年、6月17日 パリでピストル自殺を図り、死去。

※「リトグラフ」とは??
 語源は「リト」=石、の意味だったのようですが、
 最近では石を使わずにアルミ版などを使うケースが増えています。
「リトグラフ」という名称ではありますが版材は多種多様とのこと。
 くわしくは、
版画のミクロコスモ」さんのHPをのぞいてみてください。

佐伯祐三 と パリ の 夢

1月21日の日曜日の昼下がり、

「佐伯祐三とパリの夢 大阪コレクションズ 」
            を見てきました!!


行われていたのは、
大阪市立 近代美術館
 心斎橋 展示室
( 仮称 )

ちと長い名前ですが、
「出光美術館 大阪」
  があったところにできてました。



出光ナガホリビル
といってもわかりにくですね。
 心斎橋東急ハンズ の右隣のビル13階にあります。

今回の 美術展 は、
国立 国際美術館

サントリーミュージアム [ 天保山 ]

と共同企画の
 “ 大阪 コレクションズ ” の一つです。









国立 国際美術館
は、「 夢の 美術館 」
サントリーミュージアム [ 天保山 ]
は、
「 20世紀の夢–モダン・デザイン再訪
  とあわせた三つの美術展の共同開催 !!

「美術の都」として日本人をきつけてきた
  「パリ」
について、
  考えなおす機会としての企画されたとのこと。

ところで。。。

大阪市立 近代美術館
 心斎橋 展示室 ( 仮称 ) は、
          心斎橋 のど真ん中にある美術館。。。
実は 
中之島 大阪大学 医学部 があった後に建った
大阪市立 科学館 国立 国際美術館 とともに、
いずれ
中之島 西部地区 の 文化ゾーン に移転するまでの、
            準備室的な施設だとのこと。

でも。。
ビルの雑踏の 最上階 にある美術室もいい感じで、
      なかなかゆっくりと観られるいい展示室でした。

大阪市立 近代美術館 中之島 に出来た後も、
 出店的に
心斎橋 にあるのも一興かも??
 そんなふうに思いました。
  ここだと待ち合わせにも使えるしね。。

作品紹介 はまた改めて。。。。 (・ω・)v

******************************
  会期:2007年 1月13日[土] 〜 3月25日[日]
      モネ、ロートレックからピカソ、ローランサン、
      佐伯まで……  世紀と国境を超えた天才たち
  会期:2007年 1月16日[火] 〜 3月25日[日]
      ピカソ、モディリアーニ、ダリ、マグリット、
        ウォーホル、リヒタ、バスキアなど
         20世紀美術の精華を一挙公開。

「 20世紀の夢 – モダン・デザイン再訪 」 は、
  
会期:2007年 5月17日[木] 〜 7月1日[日] (予定)  
     アール・ヌーヴォ から ロシア構成主義 までの
       モダン・デザイン の名品 約130点と
       その運動に関連する ポスター により、
         モダン・デザイン を 検証。

2007年1月22日月曜日

トーマス電車 最終運行!!

「トーマス電車」

ついに・・・1月21日
  見納めとなった。







「きかんしゃトーマスとなかまたち」
 キャラクターのトーマス号は、去年の7月29日からほぼ半年間
 京 阪 電 車
 京阪本線・鴨東線、
交野線・宇治線、京津線、石山坂本線
   の各線で1編成 走っていたようです。

『きかんしゃトーマス』
は、
 レヴランド・ウィルバート・オードリー さんと
 息子のリチャード・クリストファー・オードリー さん
              が作り上げた。

イギリスの架空の島
 ソドー島 を舞台に、
そこの鉄道網で活躍する
機関車や自動車などとそれに関わる人々を描いた絵本
 
↑イーストボーン模型蒸気鉄道オフィシャルサイトへ

『汽車のえほん』( 原題・The railway series )
        をスタートに、
 アニメ化された『きかんしゃトーマス』
  
( Thomas the Tank Engine & Friends )
    で子どもちゃんに人気の顔のついた S L だ!!

主役の トーマス は、実際に クリストファー さんが持っていた、
 オードリー さん お手製の トーマス のおもちゃがモデルだとか。。。

京 阪 電 車
トーマス号
は、
本線 の7200系、

交野線・宇治線 の
10000系、

京津線、石山坂本線 の 600形
 は いずれも電車なので モクモク ではないが。
 最終日は 臨時特急 としても走ったそうである。

ラッピング電車4両をデザインした

 電車形の入場券なんかも発売!!

 連結パーツ でつなげられるという代物。。
 でもなんで 大人用 4枚 なのか??




小学校 に 行く前の
ちびっ子には、
入場券は
いらないからという
 配慮なのだろうが。。。